どうしたら自己破産しなくて済むか


自己破産というと、人生に失敗した、お金の管理が出来ない、金遣いの粗い人というイメージがあります。

もちろん自己破産する人の数は、それほど多いわけではありませんが、それでもいつ自分自身が自己破産に陥ってしまうかはわかりませんので、そうならない為にも、どのような事に注意していれば、自己破産を防ぐ事ができるのか考えていきたいと思います。
本当に自己破産しか道は残されていないのか
まず、自己破産の原因は返済できない金額の借金を背負うことでおこるわけですから、返せない金額のお金を借りない事が一番手っ取り早い対処方法になります。しかし、事業などをしていると、基本的に借りたお金の中で事業拡大をしたり、新商品開発に取り組んだりしていくでしょうから、借金が必要になるのはやむを得ないと思います。

では、なぜ愛し合っているはずの二人でさえ、不満が出てきてしまうのでしょう。そしてそれはしかたのないことなのでしょうか。
夫婦の不満は半分ずつ
私の考える夫婦という像は何がっても支えあって生きていく。そういうものではないのでしょうか。

ただ、見込みどおりに行かず、事業が行き詰ってしまった場合には、どのタイミングで手を引くかが非常に重要になります。

手を引くのが早ければ早いほど、傷は浅く済みますが、逆にもう少し投資していれば、上向きの効果が出ていたかもしれないという場合もありますので、最後は勘と運になるのかもしれませんが、自己破産を防ぐという点では、早めに手を引く事をおすすめします。また、自分の借金以外での自己破産として、保証人になっていたが為に、支払い義務が生じてしまうという場合があります。

これを防ぐ為には、基本的にはどんなに親しい人、信頼できる人、親兄弟でも保証人にはならないというのが対策ですが、はたしてそこまですべて断りきれるかどうかです。情で考えれば、保証人になるという選択になるのでしょうが、お金が絡むとどんな結果になるかは、本人の意思だけではどうにもならない場合もあるので、保証人になるぐらいなら、現金で、お金が返ってこなくても仕方ないと思って貸すという方が、すっきりとあきらめがつくのではないかと思います。

いずれの場合を考えても、自分の身の丈にあった範囲内でお金を使い、借り、貸しということが必要になると思いますので、自己防衛のためには、一時的な非難というのはあえて受けるという覚悟が、今の時代には必要なのではないでしょうか。